eFaxの評判は悪い!?実際に調べてわかった本当の評判

efax

国内だけでなく海外でも人気がある利用者数No.1のインターネットFAX業者であるeFax。

そんなeFaxの評判についてですが悪い評判やあまり良くない評判などがあるのか心配ですよね。

申し込む前に実際に利用した方の評判についてAppStoreやGoogle Playの口コミを抜粋して評判を検証していきます。

eFaxの評判は悪い?実際どうなのか調べたまとめ

あまり評判が良くない!?実際どうなのか調べてみました。

App Storeでのレビュー件数が84件あり、総合評価は5段階中★2.1と低評価になっています。

Google Playでのレビュー件数は10670件あり、総合評価は3.7と平均以上のなかなかの評価になっています。

海外のGoogle Playではかなり評判がよく総合評価が4.4ありました。

まずはeFaxの悪い評判を抜粋しましたのでご覧ください。

eFaxの悪い評判を抜粋

電話対応が悪い

電話対応が悪いという評判が多い印象でした。

また繋がりにくいなどの欠点なども見受けられました。

 

サポートの対応が悪い

上記の電話対応が悪いと重複してしまう内容ですがサポートの対応が悪いという評判も多くありました。

サポートや電話対応に対する悪い評判が大半を占めている印象が強いです。

 

使い方がわかりにくい

パソコンから操作方法ではなくスマホやタブレット、アプリを使用しての使い方がわかりにくという評判でした。

パソコンとスマホやアプリからだとまた操作方法なども変わってきますので注意が必要です。

 

PCからだと便利!だけどアプリからだとエラーが多い

アプリに関する評判も多かったです。

アプリが不安定で表示のエラーや送信時のエラーがあったという評判がありました。

 

次はeFaxの良い評判も見ていきましょう。

eFaxの良い評判を抜粋

外でfaxを確認するには十分かも。役立ってます。

これが無いと仕事になりません。

これがインターネットFAXの大きなメリットですよね。

特に営業職などの方には大変満足度が高いとの評判が多かったです。

 

いいよ。ペーパーレスで便利。

便利です、重宝してます。

とても便利

便利!という評判も多く見受けられました。

さらにペーパーレスですし、インク代やトナー代などの経費削減効果も大きいです。

絶対にかかるランニングコストが削減されるし、オフィスのスペースも開放されますし一石二鳥どころではありませんね。

 

自分の番号をもらえて、ネット上のものをプリントアウトせず、携帯1つで送れるのが非常に助かります!

インターネットで完結できるのはすごく便利ですよね。

 

聴覚障害者なので、便利に使わせてもらってます。

スマホしか持っていない私が、耳の不自由な実家の母との連絡に使っています。いつでも送受信出来るのが助かります。

聴覚障害者や耳が不自由な方にはインターネットFAXは連絡手段の必需品になります。

そのような方にも選ばれているのがeFaxだということがすごくわかりますね。

 

評判が悪いと言われる2つの理由

評判が悪い。あまり良くないと言われている理由は

  • サポートの対応の悪い
  • アプリの不安定さ

この2つだと私は思います。

やっぱりサポートの対応が悪い=印象が良くない。

対応が良いだけでずいぶん改善できると思うのですが…

またアプリの不安定さも評判を悪くしている要因の1つです。

出先で急なFAXの送信や確認が必要なときに表示のエラーなどが出てしまうと使いものになりませんからね。

 

eFaxでは30日間無料トライアル実施中ですのでまずは試してみるといいと思います。

まずは無料で30日間試せます

eFaxでは30日間無料トライアルで実際に試すことができます。

30日間使ってみて「使い方」「アプリの操作方法」「送受信について」などを確認してみるといいと思います。

また級にFAXが必要になったときでも30日間無料ですので1回使って解約するのでも便利だと思います。

さらにeFaxの詳細について知りたい方は以下をご覧ください。

eFaxの3つのメリットと1つのデメリット

<3つのメリット>

  1. 全国47都道府県の番号をカバーしている
  2. 送受信書く150ページまでは追加料金なしの無料
  3. 経費削減効果が高い

<1つのデメリット>

  1. 使用状況によって割高になる場合もある

 

メリット①全国47都道府県の市外局番から選べる

選べる市外局番は全国47都道府県をカバーしています。

インターネットFAX業者の中でも1番多く、すべてカバーしているのは唯一eFaxだけになります。

メリット②送受信各150ページ無料

eFaxは送受信書く150ページまでは追加料金なしの無料で使うことができます。

受信:151ページ以降は1ページ10円

送信:151ページ以降は1ページ10円

毎月150枚前後使う場合にはeFaxが最安値になります。

メリット③経費削減効果が高い

通常のFAX機器やFAX複合機の場合は購入代金もかかりますが継続的な経費としてインク代やトナー代などがかかってしまいます。

ですがインターネットFAXの場合はそもそもFAX機器の購入代金も不要ですし、インク代やトナー代も不要。

また完全ペーパーレス化できるので大きな経費削減効果が見込めます。

金額で換算するとFAX 機(複合機など)をレンタルする より月額 12,790 円、年間では 135,480 円もお得にファックスできる強みもあります。

物理的な場所を確保する必要もないためオフィスを広く保つことができます。

デメリット:使用状況によっては割高になる場合もある

毎月のFAX送受信が50ページ以下などの少量での利用の場合は割高になる場合があります。

eFaxは送受信書く150ページまでは無料で定額制の1500円になっています。

定額制ではなく受信何円。送信何円。などの会社もあるため使った分しか料金が発生しないインターネットFAX業者もありますので少量の使用の場合は定額制ではない業者の方は安くなる場合もあります。

そのため実際にどのぐらい毎月使用しているのか把握し、インターネットFAX業者を比較検討することをおすすめします。

絶対にあなたに合ったインターネットFAX業者は存在しますし、正しい選び方なども当サイトでご紹介できればと思いっています。

eFaxの各種機能一覧

機能一覧
初期費用 0円
月額基本料 1,500円
年額総額料金 18,000円
受信料 150ページまで無料

151ページ以降1ページ10円

送信料 150ページまで無料

151ページ以降1ページ10円

用紙のサイズ A4
海外への送信 ○可能
アプリの有無 iPhone:○

Android:○

予約送信
一斉送信できる件数 最大50件
ナンバーポータビリティーの有無
現在の番号をそのまま利用できるのか
支払い方法 クレジットカード、口座振替、銀行振込

上記表を詳しく以下で解説していきます。

受信送信料について

受信送信料はどちらも150ページまでは無料です。

151ページ以降は1ページ10円の追加料金が発生します。

注意点

ページ単位で無料と記載されていますが、厳密には60秒ごとに1ページという計算になっています。

ですので1枚120秒かかってしまった場合は2ページという計算になる点は注意してください。

用紙のサイズについて

上記表ではA4としか記載していませんが、A4、A3、A5などの様々なサイズに対応はしています。

ですがFAX送受信の文章はすべてA4サイズに変換されます。

一斉送信できる件数について

eFaxでは一斉送信にも対応しています。

一斉送信できる最大件数は50件となっています。

一斉送信できないインターネットFAX業者もある中、最大50件できるのは利便性が高いです。

ナンバーポータビリティーの有無について

eFaxではナンバーポータビリティーはありませんし、利用することができません。

インターネットFAX業者でナンバーポータビリティー利用したい方は秒速FAX送信/秒速FAXPlusの一択になります。

現在の番号をそのまま利用できるのか?について

番号が変わってしまうと名刺の変更やホームページの変更など手間が増えてしまいますよね。

だからこそ現在の番号でそのままインターネットFAXを使うことができないのか?

eFaxでは現在の番号をそのまま利用することはできません。

方法としてはナンバーポータビリティーを利用できる秒速FAXPlusか転送電話サービスを利用する方法しかありません。

支払い方法について

eFaxの支払い方法は3つあり

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 銀行振込

となっています。

数あるインターネットFAX業者でも3つの支払い方法があるのは少なく利便性が高いです。

基本的にはクレジットカード払いの会社が多く、口座振替か銀行振込どちらかが付いているという印象です。

選択肢が多いため、クレジットカードをまだ開業間もない、法人間もない方にも利用しやすいようになっています。

終わりに

eFaxの評判について実際に調べてみました。

どんなサービスでも良い評判もあれば、悪い評判もあります。

ですが個人の主観に過ぎず、参考程度に留めておきましょう。

その他メリットやデメリット、各種機能面を紹介しました。

まずは30日間無料トライアルで試すことができますので自身で使ってみて判断することが大切です!