なぜ腰痛持ちの方が低反発マットレスではなく高反発マットレスをおすすめされる理由なんですけど。

その理由についてこちらで詳しく解説していきたいと思います。

腰痛持ちは高反発マットレスが良い理由

こちらで紹介する腰痛持ちというのはヘルニアなどではなく一般的な腰痛の事を指します。

なぜ低反発マットレスではなく高反発マットレスが腰痛持ちにはいいのかですが、それは

体圧分散というキーワードが大きな違いになるんです。

高反発マットレスは重心が下がることなく、体圧分散がしっかりしているので体を一直線に支えることができます。

そのため腰が沈みこまないので腰への負担が少なくなることから、腰痛持ちの方は高反発マットレスが良いと言われています。

さらに高反発は反発することからどこの部分沈み込みが少ないため体圧分散されるのでいいんですよね。

なぜなら体圧分散がされているので自然に寝返るが増えるからです。

寝返りが少ない人は腰痛になりやすいというデータもあり、そのため寝返りを増やすことで腰痛が改善されるケースもあります。

なので高反発マットレスで寝返りを増やすことで腰痛が改善されるということからも高反発マットレスが良いとされています。

低反発マットレスが腰痛持ちに良くない理由

なぜ低反発マットレスが腰痛持ちの方に良くない理由ですが

それは低反発は沈みこんでしまうのでその分腰への負担が睡眠時に多くなってしまうからです。

ですので寝起きに腰が痛かったり、寝ている最中も夜中起きてしまったりなどの不調の原因になってしまいます。

そのため腰痛持ちの方には低反発はおすすめできません。

腰が沈み込んでしまうと自然な寝返りがへり、寝返りが減ることで長時間同じ姿勢になるため負担が増え疲労が溜まってしまうためです。

そのため腰痛持ちは低反発をおすすめしません。

高反発マットレスの選ぶ基準は?

高反発マットレスには大まかにスプリング式とウレタンフォーム式の2種類が存在します。

スプリング式の中には

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

ウレタンフォーム式の中には

  • 高反発
  • 低反発

このように細分化することができます。

高反発のマットレスを選ぶなら高密度連続スプリングか高反発ウレタンのマットレスがおすすめです。

高密度連続スプリングは耐久性に優れていなおかつ通気性が良く固めのマットレスになっています。

ですが金額が高いのがデメリットになります。

それに比べると高反発のウレタンフォームのマットレスは通気性は高密度連続スプリングに比べると劣ってしまうのですが、耐久性はそこそこで金額も高密度連続スプリングに比べるとお安くなっています。

さまざな寝具メーカーがありますので高密度連続スプリングと高反発マットレスどちらかを選びましょう。

まとめ

腰痛がある方には高反発マットレスを選ぶべきです。

さまざまなメリットや恩恵を受けることができますのでしっかり選別して選びましょう。

硬めのマットレスの中にもいろいろな種類があり、選ぶのに悩んでしまう方も数多くいらっしゃいます。

ですのでまず初めて高反発マットレスを購入検討しているからには当サイトでは高反発ウレタンフォームをおすすめしています。

その中でも90日間返金保証が付いているモットンがおすすめです。

なぜなら腰痛に特化したマットレスだからです。

その他詳しいことは別記事で紹介していますので合わせてお読みください。